喜ね舎で出荷者向けの栽培講習会開く

地域情報

栽培管理方法について学び、栽培技術を高める

直売所出荷者の所得向上を目指して開催

JA農産物直売所「喜ね舎 愛菜館」

当JA農産物直売所「喜ね舎 愛菜館」では、直売所出荷者の所得向上を目的に、年間を通して農産物の栽培講習会を開いており、消費者からの情報をもとに「売れる農産物」を出荷者に提案しています。

 

新型コロナウイルスの影響で3月から5月の間は講習会を中止していましたが、窓を開けた状態にし、部屋の換気を行うなどの対策をしながら、6月10日、講習会を開きました。

 

この日、管内の出荷者10人が参加。

 

JA福井基幹支店の園芸特産振興担当である嶋田奥左ェ門顧問が講師を務め、野菜の栽培管理方法についてポイントを説明しました。また、これからの季節におすすめの野菜として、抑制サヤインゲンや抑制カボチャを紹介。参加者はメモをとりながら、熱心に耳を傾けていました。

 

栽培管理方法について説明する嶋田顧問㊨

栽培管理方法について説明する嶋田顧問㊨