【敦賀美方地区】みかた梨「愛甘水」出荷目揃え会

営農情報

玉数、色付き良好。糖度も平年並み

【敦賀美方地区】みかた梨「愛甘水」出荷目揃え会

 7月31日、みかた梨「愛甘(あいかん)水(すい)」の目揃え会を梨選果場で行いました。生産者や関係者約13人が参加し、8月3日からの「愛甘水」の初集出荷の前に生育状況や収穫に向けた注意点、形や色、大きさなどの出荷規格基準と糖度の最終確認をしました。

 三方五湖支店青池佳宜営農指導員によると「今年は長雨と日照不足が心配されたが、玉数や色付き共に良好。玉太りも順調で、糖度も平年並みの上々の出来栄え。」と話していました。

 みかた梨は若狭町の岩屋集落で栽培されている梨のブランド。梨生産部会17人がエコファーマーを取得し、環境にやさしい梨を生産。今後、主力品種の「幸水」を17日から出荷し、「豊水」、「秋栄」、「二十世紀」と9月後半までリレーします。出荷のピークは9月中旬ごろ。地元市場やファーマーズマーケットなどの直売所で販売します。

 みかた梨は抜群の糖度が自慢で、「愛甘水」は早生品種で玉太りが良く、しっかりとしたシャキシャキ感が特徴の梨です。

 

31日、梨選果場にて糖度を確認している様子

31日、梨選果場にて糖度を確認している様子