丹生地区女性部 プランターでイチゴ栽培

地域情報

会員に農業の楽しさを伝え、交流深める

 丹生地区女性部は10月3日、会員20組、約40人が参加してプランターにイチゴを2株ずつ定植しました。プランターに農作物を栽培する企画は、農業の楽しさを伝え交流を深めてもらうため毎年行われています。「花市場」の渡辺寛幸さんを講師に迎え、苗の植え方や収穫するまでの管理方法を学びました。品種は酸味が少なく甘みが強い「章姫」(あきひめ)で初心者でも育てやすい苗を選びました。来年5月頃に収穫を迎えます。

 女性部担当職員の吉江好恵さんは「今年は、コロナ禍で思うように活動ができなかった。会員に農業の楽しさを伝え交流を深めるために今後も屋外で活動出来る企画を考えていきたい」と話しました。

植え方を教える「花市場」渡辺寛幸さん

植え方を教える「花市場」渡辺寛幸さん