福井市産野菜を使った手作りピクルス新発売

新商品情報

直売所と若手農家が共同で加工品づくり

喜ね舎 愛菜館で販売中!

 

当JA農産物直売所「喜ね舎 愛菜館」とJA福井基幹支店管内の若手農家が共同で開発した、福井市産野菜を使った手作りピクルス「えっかピクルス」を、9月17日、新発売しました。

 

「喜ね舎 愛菜館」では、直売所内6次化加工施設の活用による、新たな加工品開発・販売の支援に取り組んでおり、直売所出荷者の所得向上を目指しています。

 

福井市の清水慎介さん、江梨華さん夫婦が栽培した野菜を、自分たちで栽培した野菜を使い、直売所内の施設でピクルスに加工。直売所の職員などからアドバイスをもらいながら、何回も試作を繰り返して完成させました。

 

ピクルスは、ハーブや香辛料を使用しており、洋風の酢漬けとして、若い世代に人気の加工品です。

 

旬の農産物を使って作るため、他の野菜も現在試作中です。清水さんは、「辛すぎず、酸っぱすぎず、老若男女に好まれるようなやさしい味に仕上げることができた。旬の野菜そのものの味を活かしているので、たくさんの方に食べてほしい」と話していました。

 

えっかピクルスをPRする清水さん夫婦

えっかピクルスをPRする清水さん夫婦

 

ピクルスの種類は、キュウリ、トマト、オクラ、ニンジンの4種類。(2020年10月5日現在)

トマトは、品種の違うトマトを入れるなど、カラフルな見た目で手に取ってもらいやすいようこだわりました。

 

1袋160㌘入りで、価格は600円(税込み)。

 

■問い合わせ先

JA農産物直売所「喜ね舎 愛菜館」

0776-52-8311(担当:山口)。