奥越特産「さといも」出荷中

特産品情報

いよいよ出荷のシーズンです

奥越地区が誇る秋の味覚

独特の身質が高評価

当JA奥越基幹支店では、地区が誇る特産のさといもを出荷中です。10月15日(木)に本年度の出荷が始まり、翌16日(金)に福井中央卸売市場にて行われた初セリでは、昨年とほぼ同額の初売値で取引が行われました。

奥越産のさといものうち、大野・勝山管内で採れるものを「越前さといも」、大野市上庄地区で採れるものを「上庄さといも」の名称で出荷しており、「上庄さといも」については地理的表示(GI)保護制度に登録されています。いずれも肉質のしまりが良いため煮崩れしにくく、もちもちした食感が特徴で、長年にわたり県内外から高い評価を受けています。

いよいよ出荷が始まった今年のさといも

いよいよ出荷が始まった今年のさといも

コロナ禍、疫病を乗り越えて

昨年、大規模な疫病が発生したことを受け、本年は防除を徹底。種芋の入念な洗浄・消毒にはじまり、6月以降は営農指導員が圃場を巡回して疫病発生の早期発見に努めました。また、管内の7つの支店に貸出用の防除機を配置したほか、行政との連携による疫病対策支援事業にも力を注ぎました。その甲斐もあって大きな被害は見られず、品質・収量は平年並みで、1,000㌧を目標に12月下旬まで集荷を行います。

一粒一粒丹念に選別します

一粒一粒丹念に選別します

やっぱり煮っころがし!

いろいろな食べ方が出来るさといもですが、シンプルながら飽きの来ないころ煮(煮っころがし)はやはり別格。奥越基幹支店では、独自開発の「ころ煮の素」も販売しています。是非、味わってみてください。

お手軽に「地元の味」が楽しめます♪

お手軽に「地元の味」が楽しめます♪