今立支店・今立ふれあいセンターが新築移転オープン

イベント情報

営農と生活の拠り所 地域貢献へ期待

先着100名に紅白もちをプレゼント

竣工・落成式に参列する関係者

竣工・落成式に参列する関係者

 

11月16日(月)今立支店・今立ふれあいセンター竣工式並びにオープニングセレモニーが青空のもと開催されました。新型コロナウィルス感染症拡大防止のためマスク着用のうえ、JA関係者や自治体、施工関係者が参列し速やかに執り行われました。

 

冨田組合長は「関係者各位のご尽力により今立支店の竣工を迎えることができたことお礼申し上げます。JA福井県が発足してはや半年が経ちました。数多くの課題を抱えていますが、組合員の皆様の視点に立った地域に根差した事業を推進し農業の持続的発展を図っていくことが重要であると認識しています。今後今立支店が地域皆様の営農と生活の拠り所となるようより一層各事業に努力してまいります。」と挨拶しました。

 

早朝からたくさんの方にお越しいただきました

早朝からたくさんの方にお越しいただきました

 

来賓祝辞では奈良越前市長が、今立地区への積極的な地域貢献に期待を寄せていることを述べました。

 

続いて、オープニングセレモニーとして、支店玄関口でテープカットを行い、牧野副組合長が閉会の言葉を述べました。

 

開店を待ち望んでいた来場者の方々は、新築の真新しい空間を目の当たりにして感嘆の声をあげ、出迎えた職員たちとにこやかに会話をする場面も。開店日から3日間各日先着100名様に紅白もちや記念品などが配られました。