女性部担当職員が手作りマスク

地域情報

キッチンペーパー利用で100個製作

 若狭基幹支店管内の女性部担当職員(生活指導員)が、マスクを手作りしました。

 手作りマスクは、キッチンペーパーを数枚貼り合わせ、ゴムひも部分には新品のストッキングを利用。口の付く部分に当て布を挟み使用します。2日間かけて100個のマスクを製作しました。

 手作りマスクは使い捨てですが、当て布を交換することで数回に渡り使用が可能。5月7日から若狭管内7支店の窓口に設置しました。新型コロナウイルスの感染が全国的に拡大する中、少しでも感染予防に役立ててもらおうという思いで作りました。