旬の新ショウガをたっぷり使って料理

地域情報

女性部員の交流を深めることを目的に交流講座

JA女性部福井支部南部エリア

当JA女性部福井支部南部エリアでは、エリア内の女性部員の交流を深めることを目的に、食について学ぶ「食のコース」と、野菜づくりを学ぶ「営農コース」に分かれて、年に数回、交流講座を開いています。

 

10月19日には、JA福井南部支店で食のコースの講座が開かれ、エリア内の部員23人が参加。

 

JA女性部福井支部美山エリアの食育部門カルチャーリーダーである辻本昌江さんが講師を務め、旬のJA産新ショウガ「越前しょうが」を使った料理を教えました。

 

参加者は3班に分かれて、辻本さんから料理のポイントについて説明を受けながら、調理を進めていきました。越前しょうがは、千切りにし、モチ米に混ぜておこわにしたり、みじん切りにして、醤油と一緒に揉みこんで鶏肉に味をつけるなど、さまざまな方法でたっぷりと料理に使われました。

 

越前しょうがをみじん切りにしているようす

越前しょうがをみじん切りにしているようす

 

参加者は約1時間かけ、おこわや鶏肉の竜田揚げ、きのこ入りのスープなど全4品を完成させ、試食しました。

 

参加した下野晴代さんは、「ショウガを使った料理は、甘酢漬けぐらいしか作ったことが無かったが、いろいろな料理があることを知った。早速家でも作りたい」と話していました。

完成した料理

完成した料理