勝山水菜の天茶

レシピ

材料 (4人分)

  • ごはん(かため)
    2合分
  • 勝山水菜
    1/2把(100g)
  • 国見えのき
    1/3パック(90g)
  • 人参
    1/2本
  • ●米粉
    30g
  • ●卵
    1個
  • 甘えび
    12尾
  • 米粉
    10g
  • 揚げ油
    適量
  • 天つゆ
    500㏄
  • わさび
    好みで
作り方
  1. 米をとぎ、やや固めに炊く。
  2. 揚げ油を180℃に熱する。
  3. 水菜とえのきは3㎝幅に切り、水菜の茎は斜め薄切りにする。 にんじんはせん切りにする。
  4. 水気をしっかり切った③に米粉をふり入れて混ぜ、全体を白くする。
  5. 溶き卵を回し入れさっと混ぜる。
  6. オーブンシートに⑤をのせ、油にそっと入れ、固まったら裏返し両面からりと揚げる。シートは適宜取り出す。
  7. 甘えびは3尾揃えて、頭と尾を楊枝で串刺しにし、米粉をまぶしてからりと揚げる。
  8. 丼にごはんを盛り、かき揚げと甘エビを盛りつけ、わさび、温かい天つゆを添える。
雪を割って育つ春の菜『勝山水菜』。ふくいの山と海の幸を、だし香るお茶漬けにしました♪
JA福井県・奥越地区の伝統野菜「勝山水菜」が主役のレシピです♪

茎が太くて甘く、クセがない「勝山水菜」
和風の和え物やお浸しに、マヨネーズを付けてサラダに、豚肉と中華炒めに、どんな料理にもよく合います。
オーブンシートにのせるとばらつかず、同じサイズのかき揚げがきれいに揚がります。

例年、4月上旬ぐらいまで出荷されます♪